Events

  • May 29-31 Conference on Cloud Computing and Big Data

Third Multistakeholder Forum: A New Privacy Framework for Japan (July 9)

会議ご登録 | Conference Registration 登壇者| Expert Panel アジェンダ  | Agenda 会場住所:  慶應義塾大学三田キャンパス東館6F G-SEC Lab カンファレンスルーム 開催日時:  2014年7月9日(水曜日) 18時30分〜20時30分 主催:  慶應義塾大学国際インターネット対策研究会、SFC研究所インターネットと社会・ラボ Location: Keio Mita Campus, East Bldg. 6th Floor, G-Sec Conference Room Time: July 9, 2014 (Wednesday) 18:30 PM to 20:30 PM このたび慶應義塾大学国際インターネット政策研究会 (KICIS) は、在日米国商工会議所(ACCJ)のご協力で、第三回マルチステイクホルダーフォーラムを開催いたします。現在、政府が検討している個人情報保護法改正について、情報提供と活発な議論を望みます。 昨年の12月20日に、内閣のIT総合戦略本部は、パーソナルデータの保護と利活用に関する制度の見直しを表明しました。そして今年の6月19日に発表された、「パーソナルデータの利活用に関する制度改正大綱(検討会案)」では、2015年1月以降、早期に関係法案を国会へ提出することを計画しています。 今年の6月19日のパーソナルデータに関する検討会で公開された大綱では、データのイノベーティブな利活用を阻んでいる「グレーゾーン」の解消や、それに関する個人情報の適切な取り扱いについて、検討を重ねた取組を明示しています。また大綱では、技術進展のスピードや、新ビジネスモデルの急速な出現に、対応できる「機動的」な政策枠組みの必要性についても強調しています。 更に重要な点として同案では、業界セクターごとにおいてマルチステイクホルダープロセスによるパーソナルデータのルール作りとコンプライアンスを監視する「第三者機関」の創設が提示しています。 今回の会議では、日本国内と海外からの専門家の方々をお招きし、新たなプライバシー政策案に関する彼らのご意見をお聞きした上で、マルチステイクホルダー参加を日本で如何に実行すればよいのかについて議論いたします。 The

Read More

Strengthening Multistakeholder Governance in Japan (June 17)

意見書募集 | Public Comment 会議ご登録 | Conference Registration 登壇者 | Guest Speakers アジェンダ  | Agenda 会場住所: 国際大学GLOCOM 東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2階 開催日時:  2014年6月17日(火曜日) 18時30分〜20時30分 主催:  慶應義塾大学国際インターネット政策研究会、国際大学GLOCOM、多摩大学情報社会学研究所 Location: The Center for Global Communications (GLOCOM), 2F, Harks Roppongi Bldg., 6-15-21 Roppoingi, Tokyo Time: June 17, 2014 (Tuesday) 18:30 PM to 20:30 PM 日本におけるマルチステークホルダー(MSH)によるインターネットガバナンス・プロセスの強化に資することを目的として、慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KICIS)、国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)、多摩大学情報社会学研究所(IIS)は共同して、「マルチステークホルダー(MSH)インターネットガバナンスについての特別共同研究グループ」を開始し、第1回会合を来る6月17日、下記の要領で開催いたします。ご出席を希望される方は、末尾のサイトからお申込みください。 なお、私どもでは「日本のMSHインターネットガバナンスの強化のために」という政策提言論文をとりまとめ、6月下旬を目途に発表を予定しています。草稿を間もなくネット上に公開し、皆様からの意見募集を開始します。広くご意見をいただいて内容に反映させる所存です。ぜひともご参加・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

Read More

Report: May 20 NETmundial Report

On May 20th, The Keio International Project for the Internet & Society (KICIS), along with the International University Center for Global Communications (GLOCOM) and Japan Network Information Center (JPNIC), organized a panel to reflect on the results from the conference. The NETmundial “Global Multistakeholder Meeting on the Future of the Internet Governance” held April

Read More

Asia Forum Conference on Cyber Security Capacity Building May 30 in Seoul

As part of their collaboration on cyber security and privacy, the Keio University International Project for the Internet & Society (KICIS) and the Korea University Cyber Law Center are sponsoring an international conference in Seoul May 30. The agenda is below: Asia Forum on Cyber Security and Privacy ~ Sharing Challenges, Strategies and Best Practices

Read More

Report: Second Multistakeholder Forum – Privacy in Japan

Japan is revising its privacy framework, the first such update in over a decade. The revisions are being driven by the enormous advances in technology during the period since the law was first introduced and concerns that ambiguities in the law and inconsistency in enforcement are discouraging business innovation in utilizing personal information and “big

Read More

May 20 NETmundial Report | NETmundial報告会

会議ご登録 | Conference Registration 登壇者 | Guest Speakers アジェンダ  | Agenda 会場住所:  慶應義塾大学三田キャンパス東館6F G-SEC Lab カンファレンスルーム 開催日時:  2014年5月20日(火曜日) 18時30分〜20時30分 主催:  慶應義塾大学国際インターネット政策研究会、SFC研究所インターネットと社会・ラボ Location: Keio Mita Campus, East Bldg. 6th Floor, G-Sec Conference Room Time: May 20, 2014 (Tuesday) 18:30 PM to 20:30 PM NETMundialはブラジル政府の主催により、去る2014年4月23日‐24日に開催されました。会議は世界中より百を超える参加者が集い、インターネットガバナンスにおける未来についてディスカッションが行われました。会議にて発表された成果文書では、インターネットガバナンスに関する原則と価値、インターネットガバナンスがグローバル、拡張性とネットワークへのアクセス性を維持できるネットワークへのコミットメントの主張が展開されました。 同時に、インターネットポリシーの意思決定は、マルチステークホルダー・プロセスと透明性、説明責任、包括性、公平性それぞれの原則に基づくべきであると強調されました。日本政府はこの文書と日本のマルチステークホルダーコミュニティのメンバーが文書の策定に際し重要な役割を担ったことを支持しています。 本フォーラムは Read More

Second Multistakeholder Forum: Privacy in Japan

会議ご登録 | Conference Registration 登壇者 | Expert PanelMultistakeholder Forum アジェンダ  | Agenda 会場住所:  慶應義塾大学三田キャンパス東館6F G-SEC Lab カンファレンスルーム 開催日時:  2014年5月13日(火曜日) 18時30分〜20時30分 主催:  慶應義塾大学国際インターネット対策研究会、SFC研究所インターネットと社会・ラボ Location: Keio Mita Campus, East Bldg. 6th Floor, G-Sec Conference Room Time: May 13, 2014 (Tuesday) 18:30 PM to 20:30 PM 慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KICIS)は、本年3月10日に開催した第1回会議に続き、この度「第2回マルチステークホルダー会議:日本のインターネットとプライバシー」を開催する運びとなりました。 会議冒頭に、慶應大学環境情報学部長村井純より歓迎のご挨拶をさせていただきます。 来る5月13日に開催いたします第2回会議では、第1部の専門家パネルを一新。モデレータとして杉原佳尭氏(インテル株式会社)、パネリストとして、渡辺弘美氏(在日米国商工会議所理事)、筒井隆司氏(ソニー株式会社)、横澤誠氏(京都大学)、マリ・マシューズ氏(メットライフアリコ)、 ジム・フォスター(慶應義塾大学)にご登壇いただきます。 第2部では日本のマルチステークホルダー代表者をお招きし、第1部で行ったパネルディスカッションでの課題に関して質問や率直な意見を頂く予定です。会津泉(多摩大学情報研究所)はファシリティータールとして努めます。

Read More