KIPIS Public Comment: 2014 Update on the Japanese IT Strategy

この度、慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KICIS)は、「世界最先端IT国家創造宣言 改定(案)」に関するパブリックコメントを、6月16日に内閣官房IT総合戦略室へ提出致しました。パブリックコメントの内容につきましては、以下の通りです。

On June 16, the Keio International Project for the Internet & Society (KICIS) submitted the following public comment on the 2014 Update of “Declaration on the Creation of the World’s Most Advanced IT Nation.” to the IT Strategic Headquarters within the Prime Minister’s Office.

English Follows Below.

パブリックコメント意見

【要旨】

インターネットの普及によってアジア地域の国々は、IT政策(特に電気通信と放送)の改革に直面しています。情報インフラのコストは、もはや市場参加の障壁とならず、デジタル放送は周波数のより効果的な利用を可能にしています。過去の政府による寡占企業を保護し規定したIT政策は、非合理的手段となっています。このために、OECD内外の先進国では、オンラインコンテンツの配信と、クラウドやビッグデータを含む新たな融合技術や、オンラインコンテンツの配信を促進させる、制度や法体系の実質的な変革を実施してきました。日本でも小泉政権下で以上のような改革が取り組まれ、安倍政権はその大規模な制度の刷新を完遂しなくてはなりません。

このような背景から、慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KICIS)は、世界最先端IT 国家創造宣言を強く支持すると同時に、(1)重要業績評価指標(KPI)での詳細なデータと分析の明示、(2)強固なITガバナンスの確立に向けた取組、(3)IT政策変革、の3点について意見を提出させていただきます。

【意見内容1:適切な重要業績評価指標(KPI)には、詳細なデータと分析の明示が必要です。】

理由:2013年と2014年の「世界最先端IT 国家創造宣言」で掲げられた、重要業績評価指標(KPI)の確立を強く支持します。同時に今後の宣言では、取組の実現のためにも、目標の提示だけでなく、KPIで各取組の進捗状況や成果を評価する詳細なデータと分析の提示が必要となります。

例えば2013年の本宣言では、教育環境のIT化や、生徒一人一台の情報端末配備を掲げていますが、改訂された本宣言では情報端末の教育機関への配備・使用状況が不明確です(p.24)。また東京オリンピック・パラリンピックでの、「おもてなし」の発信に関する具体的な工程や評価を、どのように設定するのかも課題です(p.12)。例えば新たな宣言では、無料公衆無線LANの提供と、多言語音声翻訳システムの開発の進捗状況について提示が望まれます。

これらの詳細なデータ分析は、今後の報告書に含まれるべきです。

【意見内容2:世界最高水準のIT利活用社会の実現のためにも、より強固なITガバナンスの確立に向けた取組が必要です。】

理由:現在の日本にとって、IT利活用は重要なチャレンジであり、新IT総合戦略本部の強化された省庁横断的な役割は、日本のITガバナンスをより健全化させます。ただし今後のITの効果的な利活用には、ITガバナンスの現法体系を、根本的に見直さなくてはなりません。

まず通信と放送に関わる法律では、IT分野におけるインターネットの優越性を、確認し適応したものへと改正しなくてはなりません。更に、従来の規制規範と定義を明らかに超えている、融合サービスの現状を踏まえた上で、新しい法体制を確立しなければなりません。

また新たな法体制では、インターネット政策に関するマルチステークホルダーによる意思決定の重要性確認と制度解説もしなくてはなりません。インターネットの原理は「自律・分散・協調」と言われ、ITガバナンスでも、政府・民間企業・学界・市民社会などのマルチステークホルダーによる意思決定が反映されなくてはなりません。

IT政策の管理体制も再構築する必要があります。その中で、一昨年の政府CIOの任命は建設的な第一歩でしたが、より積極的なIT政策のリーダーシップを実現するためにも、政治と行政の主導は不可欠です。そこで政府は、他の先進諸国の先例にあやかり、総務省、経産省などのIT政策の機能を新たな省庁に統合すべきです。内閣官房への新たな機能の集中には、限界があります。

【意見内容3:ITの利活用と日本経済再生のためにも、IT政策変革は不可欠です。】

理由:IT政策変革により、日本経済の再生は可能になります。

特に最重要なのが、NTTの将来に関する議論の終結です。ほぼ全ての先進国経済では、電気情報通信事業における国営企業の完全な民営化を通じて、国内のイノベーションと国際競争力の促進を成し遂げました。日本にとってNTTは、世界に誇れる専門的技術と人的資源を有しています。政府はNTTを、日本国内でのインターネットサービスの提供を認可し、海外にクラウドやその他の融合サービスの提供を促す、国際的なインターネットサービス事業者へとシフトチェンジさせるべきです。

周波数の効果的な利活用も、インターネット経済を成長させる重要な要因となります。よって政府は、周波数のオークションによる割り当て、流通市場での使用されていない周波数の転売や譲渡、幾分かの周波数を無許可利用できる制度の準備(ホワイトスペース)について検討すべきです。日本のダイナミックスペクトル割当の技術は、世界を先導しており、この技術の急速な普及は、新たなビジネス機会の発見と、利用できる帯域の増加へと結びつきます。

インターネットの利活用を増やす上で、コンテンツは最も重要な推進力となります。ただし日本のコンテンツ市場の大部分は、DVDとCDが依然として占めており、国際的トレンドから取り残されています。そのため政府は、著作権法と、コンテンツ産業の競争的な慣行を見直すことにより、オンラインでの音楽とビデオの配信ビジネスを促進できます。

Public Comment on the 2014 Update of “Declaration on the Creation of the World’s Most Advanced IT Nation.”

Data and Analysis regarding Key Performance Indicators (KPI)

We strongly support the recommendations contained in the 2013 report and welcome their reaffirmation in the 2014 update. However, we urge that future reports provide data and analysis with respect to progress made in achieving the Key Performance Indicators (KPI) associated with each of the recommendations. Future report should not simply restate goals, but measure progress and explain remaining challenges.

For example, the 2013 plan set the goal of providing each student with an Internet-connected IT device and integrating Internet-based education into the curriculum. This was reaffirmed in the 2014 report, but it is unclear how many devices have been made available to the schools and the extent to which they are being used.

Similarly, what concrete steps are being take to realize the goal of 「おもてなし」in preparation for the 2020 Olympics? Specifically, what progress has been made on providing public wireless services and in the development of a multi-language translation system? While this information may be available elsewhere, it should be include in future reports

Stronger IT Governance

We agree that greater utilization of IT is a key challenge for Japan. But achieving this goal is made difficult by weakness of the current framework for IT governance. We welcome the newly strengthened role of the IT Comprehensive Strategy Headquarters (IT総合戦略本部). However, we also believe that there is need for a fundamental recasting of the basic laws governing telecommunications and broadcasting to confirm the leading role of the Internet in the IT sector and recognize the reality of convergent services that already transcend traditional regulatory boundaries and definitions.

Any new law should also confirm the importance of the multistakeholder process in Internet governance, including the introduction of mechanisms to facilitate multistakeholder input into the IT decision making process.

We further urge a consolidation of government functions with respect to the management of IT policy. The creation of a government CIO is a good start, but forward-looking IT management requires political as well as administrative leadership. Japan should follow the example of other advanced economies and establish a new ministry for IT policy, consolidating the responsibilities of MIC, METI and other ministries with IT related responsibilities. Creating new offices and agencies within the Office of the Cabinet are not the solution.

Other Policy Reforms

We believe that policy reforms in a number of other key areas will facilitate greater IT utilization and promote growth. Most importantly, we think it is critical to conclude the debate on the future of NTT. Most other advanced economies have successfully privatized the legacy monopoly carrier. The reforms in these economies have strengthened innovation in the domestic market and strengthened international competitiveness. We regard NTT as an important national asset for Japan with deep technical expertise and top-level human resources. NTT should be allowed to offer Internet services in Japan and directed to play a broader role internationally in offering cloud and other converged services.
The efficient use of spectrum is a key element in driving the growth of the Internet Economy. We urge the government to review its earlier decision not to support legislation allowing for spectrum auction. Promotion of a secondary market for the resale or lease of unused spectrum and the reservation of some spectrum for unlicensed uses also should be considered as part of this review. Japan is a leader in the development of technology for dynamic spectrum allocation. Rapid deployment of this technology will open new business opportunities and increase utilization.
Content is probably the most important driver for increased utilization of the Internet. Yet DVD and CD sales still dominate Japan’s content market, which is out of step with trends in the industry globally. The government should review the copyright law and competitive practices in the industry and consider way to encourage the greater availability of online music and video.

Conclusion

The Internet is challenging governments around the Asia region to rethink the way they regulate and promote the IT sector, especially in the telecommunications and broadcast sectors. Infrastructure requirements are no longer a barrier to entry and digital transmission allows for more efficient use of available spectrum. The previous focus of national IT policies on preserving and regulating a few large licensed monopolies is less and less relevant. That is why most major advanced countries both within in and outside the OECD have undertaken substantial institutional and legal reforms to improve their policies related to delivering content online and promotion of new convergent technologies, including cloud computing and big data. Such a reform agenda was central to government policy during the Koizumi administration and the Abe government needs to finish the job.