Second Multistakeholder Forum: Privacy in Japan

会議ご登録 | Conference Registration
登壇者 Expert PanelMultistakeholder Forum
アジェンダ  | Agenda

会場住所:  慶應義塾大学三田キャンパス東館6F G-SEC Lab カンファレンスルーム
開催日時:  2014年5月13日(火曜日) 18時30分〜20時30分
主催:  慶應義塾大学国際インターネット対策研究会、SFC研究所インターネットと社会・ラボ

Location: Keio Mita Campus, East Bldg. 6th Floor, G-Sec Conference Room
Time: May 13, 2014 (Tuesday) 18:30 PM to 20:30 PM

KICIS Logo - Powerpoint

慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KICIS)は、本年3月10日に開催した第1回会議に続き、この度「第2回マルチステークホルダー会議:日本のインターネットとプライバシー」を開催する運びとなりました。

会議冒頭に、慶應大学環境情報学部長村井純より歓迎のご挨拶をさせていただきます。

村井純、慶應義塾大学 (基調講演)

村井純、慶應義塾大学 (歓迎の言葉)

来る5月13日に開催いたします第2回会議では、第1部の専門家パネルを一新。モデレータとして杉原佳尭氏(インテル株式会社)、パネリストとして渡辺弘美氏(在日米国商工会議所理事)、筒井隆司氏(ソニー株式会社)、横澤誠氏(京都大学)、マリ・マシューズ氏(メットライフアリコ)、 ジム・フォスター(慶應義塾大学)にご登壇いただきます。

第2部では日本のマルチステークホルダー代表者をお招きし、第1部で行ったパネルディスカッションでの課題に関して質問や率直な意見を頂く予定です。会津泉(多摩大学情報研究所)はファシリティータールとして努めます。

現在政府部内におけるプラバシー法改正審議には下記のよう課題があります。

  1. 新しい「第三者機関」における予算、人員などの基礎事項を始め、国内におけるプライバシーポリシーの監視体制、APECなどのような国際的な議論の場でこの新しい機関は日本政府を代表する権限と任務があるか
  2. テータ転送規制、データ保護技術規定、や消費者同意条件など新しいプライバシーガイドラインの設定過程
  3. ビッグデータ技術と「オープンデータ」利用に関する新たなルール作りの問題

日本でのインターネットプライバシーにおける新しいフレームワークに関する議論は、6月に政府より新しい提案の発表が期待される重要な局面に面しております。しかしながら、新しいフレームワークは未だ多くの課題を残しており、更なる議論が必要です。

The Keio University International Project for the Internet & Society (KICIS) is pleased to host the Second Multistakeholder Forum: Privacy in Japan following on the success of the first conference on March 10, 2014.

The May 13 conference will feature a new panel of privacy experts including Yoshitaka Sugihara (Intel), Hiroyoshi Watanabe (ACCJ), Ryuji Tsutsui (Sony), Makoto Yokozawa (Kyoto University),  Mari Matthews (MetLife Alico), and Jim Foster (Keio University).

They will be joined in the second half of the program by representatives of the multistakeholder community in Japan, who will have the opportunity to make statements or raise questions regarding the issues raised during the panel discussion. Tama University Professor, Izumi Aizu will facilitate this part of the program. Professor Jun Murai, the Dean of the Environment and Information Studies Faculty at Keio University will deliver opening remarks.

The discussion in Japan over a new privacy framework is reaching a critical stage, with an outline of the government’s new proposal expected in June.   However, many issues related to the new framework remain unclear and require broader public discussion.

These include:

  1. The role of the new “third party body” (powers, budget, personnel) that will be established to oversee privacy policy domestically and represent Japan internationally in forums such as APEC;
  2. The definition and implementation of proposed new privacy guidelines in areas such as consumer consent, data transfer restrictions, and data protection technologies
  3. New rules being discussed for utilizing Big Data technologies and “open data.”

___________________________________________________________________________

登壇者 | Expert Panel

筒井 隆司 | ソニー株式会社 | 渉外部門長
Ryuji Tsutsui | Sony Corporation | Senior General Manager

ryuji

1958年、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。1982年、ソニー株式会社に入社、海外事業本部に配属。その後は、ソニー・カナダ記録メディア部門統括ジェネラル・マネージャー、ソニーCIS(ロシア)株式会社社長、ソニー・ブラジル社長を歴任。2012年よりソニー本社、渉外部門長。

Born in 1958 in Tokyo, Japan Ruji Tsutsui graduated from the Faculty of Commerce, Waseda University before entering Sony Corporation’s Export Operation’s Division in 1982. He has served as the General Manager of Sony Canada (Operations & Marketing), President and General Director of Sony Russia, and the President & CEO of Sony Brazil. He is now the Senior General Manager of Sony Corporate External Relations.

渡辺 弘美 | 在日米国商工会議所 | 理事
Hiroyoshi Watanabe | American Chamber of Commerce (ACCJ) | Board Member

watanabe hiroshi

在日米国商工会議所理事。アマゾンジャパン株式会社渉外本部本部長。2008年に同社に入社する前は、経済産業省に勤務。東京工業大学卒。

Hiroyoshi Watanabe serves as a Governor in the American Chamber of Commerce in Japan and as Director and Head of Public Policy of Japan for Amazon Japan K.K. Prior to joining Amazon Japan in 2008, he worked for the Ministry of Economy, Trade and Industry. He graduated from the Tokyo Institute of Technology.

横澤 誠 | 京都大学大学院情報学研究科 | 客員教授
Makoto (Mac) Yokozawa | Kyoto University | Professor

Makoto Yokozawa

東京大学工学部卒、同大学院工学博士。京都大学で市場・組織情報論連携ユニットを担当。プライバシー保護や情報の統制を含む情報通信政策や組織におけるICT活用、サービスイノベーションなどのテーマで、学生の指導および研究を行っている。「ユビキタスネットワーク」の研究に2000年から携わり、野村総研からの同名の出版の執筆リーダー。日本およびグローバルな情報通信政策の場に参画し、クラウドコンピューティング、規制政策、グリーン成長、イノベーション、サービス研究などの分野で幅広く研究活動を行っている。OECDに産業界の立場から諮問を行うBIAC(経済産業諮問委員会、在パリ)のコンピュータ通信政策委員会副委員長。経団連日米クラウドコンピューティングフォーラム作業部会副委員長。

Dr. Yokozawa is the head professor of the Market and Organisation Informatics Systems, which is a Joint Research Unit with Nomura Research Institute, Ltd., at the Graduate School of Informatics, Kyoto University. He has been participating in many study groups on regulatory and policy issues within the Japanese government and private sector associations focusing on broadband policy, frequency management, innovation R&D and policies for a Ubiquitous Network Society.

マリ・マシューズ | メットライフアリコ生命保険株式会社 | 政府渉外部長
Mari Matthews | MetLife Alico | Director – Government Relations

Mari Picture

マリ・マシューズは、メットライフアリコ生命保険株式会社の政府生涯部長。アジア・グローバルのチームと密接に活動し、25年にわたり政策とビジネスにおけるキャリアを持つ。ビジネスへの影響を未然に理解するための、政策形成と企業利益と合致した規制を主張し競争及び規制の環境について常に注目をしている。ウェスタン・イリノイ大学をMagna Cum Laudeで卒業。米国商工会議所(ACCJ)のInsurance Committeeの委員を務める。

Mari Matthews is Japanese, Head of Government Relations Japan, MetLife Alico Life Insurance K.K.. Working closely with MetLife’s government relations team in Asia and globally, Mari monitors the evolving competitive and regulatory environment, works to advance understanding of the issues that affect our business, and advocates to shape policies and regulations in ways that benefit the company.

She has over 25 years of experience in policy and business. She graduated from Western Illinois University, Magna Cum Laude, and is a member of Insurance Committee of the American Chamber of Commerce in Japan.

佐藤 慶浩 | 日本ヒューレット・パッカード | 個人情報保護対策室長
Yoshihiro Satoh | Hewlett-Packard Japan | Chief Data Privacy Officer

yoshihiro sato

ソフトウェア及びハードウェアの開発などを経て、米国にてセキュリティ製品の仕様開発に携わった後、コンサルティングに従事。国内初のインターネットバンキングでトラステッドOSを導入するなどし、英国ブリストル研究所のセキュリティ製品マネージャ及びITセキュリティ・ソリューション・サービス事業のアジア環太平洋地域マネージャを経て、2004年からは、日本法人のチーフ・プライバシー・オフィサーを務め、社外では内閣官房情報セキュリティセンター参事官補佐等を併任。

Yoshihiro Satoh serves an expert consultant having worked in software and hardware development, and focusing in the United States on the development of security hardware. He has assisted in the introduction of trusted secured operating systems for Japan’s financial sector. Following research at Bristol University (UK), he has served as Chief Data Privacy Officer for Hewlett-Packard Japan.

竹井 淳 | 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 | 准教授
Jun Takei | Keio University | Associate Professor

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1993年電気通信大学電子情報額研究科博士前期過程修了、同年日本通信衛星株式会社(現スカパーJSAT株式会社)入社、 2001年慶應義塾大学SFC研究所上級訪問研究員、2003年慶應義塾大学博士(政策・メディア)取得、 2004年WIDEプロジェクトボードメンバー、2005年よりインテル株式会社にて標準化政策および情報通信政策全般についての調査研究に従事。

Jun Takei received his B.E. and M.E. from University of Electro-Communications, Tokyo in 1990 & 1992. Dr. Takei joined Japan Communication Satellite Co. (Now JSAT Co.) in 1992 as a systems engineer at Yokohama Satellite Control Center (YSCC). He received his Ph.D from Keio University in 2003. Since 2005, he has been working at Intel Japan as a senior researcher, and has been a WIDE project researcher since 1992 and now serves as a board member of the WIDE project.

___________________________________________________________________________

登壇者 | Multistakeholder Forum

佐々木 道代 | 女性社員
Michio Sasaki | Female Executive

sasaki

2010年4月〜セールスフォース・ドットコム株式会社 公共事業推進担当シニアディレクター。 2009年〜2010年3月プライスウォーターハウスクーパース アライアンス部長。 1998年〜2009年SAPジャパン株式会社副社長補佐、公共営業部長。 1997年イベント関連ベンチャー企業勤務。 1991年3月お茶の水女子大学卒業。

Michio Sasaki is a Senior Director at SalesForce Japan. From 2009 to 2010 she was Director of Alliance at PricewaterhouseCoopers. She has served as Joint Director of Sales at SAP and graduated from Ochanomizu University in 1991.

藤井 宏一郎 | マスコミ関係者
Koichiro Fujii | Communications Expert

fuji

PHP総研コンサルティングフェロー。テクノロジー産業を中心としたパブリックアフェアーズの専門家として、活動領域は戦略的グローバルコミュニケーション、リスクコミュニケーション、クライシス・マネジメント、戦略的ステークホルダー連携などにわたる。現職前はグーグル・ジャパンの公共政策部長、その前はPR会社フライシュマン・ヒラード・ジャパンのパブリックアフェアーズ担当コンサルタント。文部科学省出身。東京大学法学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営学院卒MBA(マーケティング及び公共非営利組織運営専攻)

Ko Fujii is a consulting fellow at the PHP Institute. As a public affairs professional with strong focus on the tech sector, his expertise includes strategic global communications, risk communication, crisis management, and strategic stakeholder engagement. Prior to his current position, Ko was Head of Public Policy and Government Relations for Google in Japan, and before that, a public affairs consultant at Fleishman Hillard Japan. Ko has worked within the Japanese government’s Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). He has studied Law at the University of Tokyo, and holds an MBA from Kellogg School of Management at Northwestern University, majoring in Marketing and Public/Nonprofit Management.

小宮山 功一郎 | サイバーセキュリティ専門家
Koichiro Komiyama | Cybersecurity Expert

komiyama

JPCERTコーディネーションセンター 国際部シニアアナリスト、エンタープライ ズサポートグループマネージャ 2007年JPCERT/CC着任、情報セキュリティアナリストとして情報収集及び発信業 務に従事した。フィッシングの傾向、標的型攻撃対策としてのITセキュリティ予 防接種、内部犯行などに関して調査を行う。 2010年11月より、国際担当として、FIRSTやAPCERTなどの海外組織との連携にあ たるとともに、東南アジア、太平洋島嶼国、アフリカなどのCSIRT構築を支援す ることを通じてインシデント対応体制を強化する活動を行う。 慶応義塾大学 政策・メディア研究科後期博士課程在学中。

Koichiro Komiyama, CISSP, is the Deputy Director of the Global Coordination Division of JPCERT/CC (Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center), the national CSIRT of Japan. Currently, his primary role is to enhance international collaboration with overseas CSIRTs, and to support the establishment and operations of CSIRTs in their initial stage. He also takes an active role in regional/global CSIRT communities such as APCERT (Asia Pacific Computer Emergency Response Team) and FIRST (Forum of Incident Response and Security Teams). As security analyst, he is also experienced in gathering security information and publishing multiple security alerts and advisories to local constituencies. In 2014, he joined the Graduate School of Media and Governance, Keio University to pursue his doctoral degree.

水越 尚子| 弁護士
Naoko Mizukoshi | Attorney

Naoko Mizukoshi

専門分野は知的財産、IT関連、国際企業取引等。1992年一橋大学法学部法律学科卒業後、最高裁判所司法研修所に入所。野村総合研究所法務部やマイクロソフト株式会社法務本部に勤務、TMI総合法律事務所パートナーを経て、2010年3月1日にエンデバー法律事務所を設立。日本およびカリフォルニア州の弁護士資格を有し、IT企業での社内弁護士の経験を生かして、情報通信、セキュリティ、知的財産権、国際取引を専門に、企業法務に関するアドバイスを行っている。

Naoko Mizukoshi is an attorney and Founder/Partner at Endeavour Law Office. Admitted to the bar in Japan in 1995, and in the State of California in 2002, she has been advising a variety of corporate clients from large multi-national corporations to high-tech start-ups with her deep expertise in Intellectual Property, ICT, and Entertainment.

Ms. Mizukoshi possesses a unique combination of experiences both as a partner lawyer at one of the largest law firms in Japan as well as an in-house lawyer at global IT companies. Ms. Mizukoshi has served as an in-house lawyer at Microsoft, Autodesk, and Nomura Research Institute.Ms. Mizukoshi graduated from Hitotsubashi University (LL.B.).

板倉 陽一郎 | 弁護士
Yoichiro Itakura | Attorney

Shugo Ikemoto第二東京弁護士会、日本弁護士連合会日、本弁護士政治連盟に所属。慶應義塾総合政策学部卒業、京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻修士課程終了、慶應義塾大学法科大学院終了。消費者問題や個人情報保護を専門とする。 現在ひかり総合法律事務所で弁護士として所属している。第二東京弁護士会、 知的財産権法研究会(会計担当役員)情報処理学会、情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会(運営委員)、情報ネットワーク法学会(理事)、コンテンツ文化史学会、社会・経済システム学会、法と経済学会、法とコンピュータ学会に所属。 主な著書は 「自治体の個人情報保護と共有の実務―地域における災害対策・避難支援―」(2013年10月、ぎょうせい)、「知っておきたいネット選挙運動のすべて」(2013年7月・商事法務)、「プライバシー・バイ・デザイン」(2012年10月・日経BP社)、「事件類型別 弁護士実務ハンドブック」(2011年4月・ぎょうせい)、「コンテンツ産業論―混淆と伝播の日本型モデル」2009年9月・東京大学出版会)。

Yoichiro Itakura is a member of the Japan Federation of Bar Associations, Dai-ni Tokyo Bar Association, and Japan Lawyer’s Political Association. Graduated from Keio University, Mr. Itakura received his Masters in Informatics from Kyoto University, and doctorate at Keio University Law School. He specializes in Consumer Affairs, and Personal Information Protection.

Mr. Itakura works as an associate attorney at law for the Hikari Sogoh Law Offices. Member of the Information Processing Society, The Information Network Law Association, Japan Law and Economics Association, The Japan Association for Social Economic Systems Studies, and Law and Computers Association of Japan.

折田 明子 | 大学教員
Akiko Orita | Professor

orita

2007年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。中央大学大学院戦略経営研究科助教、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師、Kennesaw State University Visiting Assistant Professorを経て、現在は関東学院大学人間環境学部現代コミュニケーション学科専任講師。情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会(運営委員)、情報社会学会(運営委員)等。 2010年にはIT戦略本部・情報通信技術利活用のための規制・制度改革に関する専門調査会の委員、IPA くらしと経済の基盤としてのITを考える会 委員などを務める。専門分野は、ソーシャルメディアとプライバシー、アイデンティティ。2013年には、死後のプライバシーに関する研究報告によって情報処理学会山下記念研究賞を受賞。

Akiko Orita, Ph.D. is an assistant professor at Kanto Gakuin University, College of Human and Environmental Studies. She is conducting research projects related in online privacy and identity issue. She received her M.A. in Media and Governance at Keio University, then served as a research associate working as with Professor Jun Murai to establish a national IT strategy in Japan. She ran as a candidate in the 2002 Diet election appealing for individual control for privacy, but was selected for the third position. After earned her Ph.D. in Media and Governance at Keio University in 2007, she served as an assistant professor at Chuo Graduate School of Strategic Management, and then moved to Keio University. In 2010, Dr.Orita was a member of national, high-level regulation reformation committee of IT strategic headquarters in Japan. Dr. Orita also has experience as a visiting assistant professor at Kennesaw State University in Georgia USA in 2011 teaching at Computer Science and Information Systems Department.

加藤 幹之 | 起業家
Masanobu Katoh | Entrepreneur

KatohSnap

1977年4月、富士通入社。2004年4月より経営執行役、法務・知的財産権本部長。富士通研究所・常務取締役、富士通総研・専務取締役を経て、2010年8月にインテレクチャル・ベンチャーズ社入社。 Internet Law & Policy Forum (ILPF)会長、Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)理事、国連Internet Governance Forum (IGF)アドバイザー、(社)日本経団連の情報通信部会、国際問題部会長並びに知的財産委員会・企画部会長、文化審議会・著作権部会委員等を歴任。 東京大学法学部、ミシガン大学ロースクール卒。米国(ワシントンDC,ニューヨーク)弁護士。著書に「Interface on Trial(共著)」などがある。

Masanobu Katoh started his professional career at the legal department of Fujitsu Limited in 1977. In June 2002 he headed the company’s IP and Legal groups in Japan. Following several executive positions including Vice President and General Counsel, Mr. Katoh joined Intellectual Ventures in 2010. Mr. Katoh is actively involved in policy and regulatory discussions on Internet and technology issues. He served as chairman of the Internet Law & Policy Forum (ILPF), a board member of the Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN), chairman of working group of Internet Governance at Global Information Infrastructure Commission (GIIC) and chairmen of two subcommittees at the Japan Business Federation (Nippon Keidanren). He serves as vice chair of IGF-Japan, the local IGF group launched in Japan.

He received law degrees from the University of Tokyo (LL.B.) and the University of Michigan (LL.M.), and is admitted to practice laws in Washington D.C. and New York.

藤原 洋 | インターネット研究家
Hiroshi Fujiwara | Internet Researcher

fujiwara

1954年福岡県生まれ。1977年京都大学理学部卒業。東京大学工学博士(電子情報工学)。
日本アイ・ ビー・エム(株)、(株)日立エンジニアリング、(株)アスキーを経て、動画像符号化方式の研究・標準化活動を行いMPEGの創設に参画後、1996年12月、インターネット技術に関する研究開発企業(株)インターネット総合研究所を設立。現在、(財)インターネット協会 副理事長、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、慶應義塾大学大学院プロジェクト研究教授、SBI大学院大学副学長を兼務。2009年10月総務省ICT政策タスクフォースメンバー、2010年4月大学共同利用法人自然科学研究機構経営協議会委員、2011年4月独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学評議会評議員、2011年11月総務省新事業創出戦略委員会及び研究開発戦略委員会合同ワーキンググループ基本戦略ボードメンバーに就任。

Hiroshi Fujiwara graduated from Tokyo University’s School of Engineering completing his undergraduates and masters in Information Science. He has worked at IBM Japan, Hitachi Engineering and assisted in the development of the MPEG video codec. In 2009 he joined the MIC ICT Policy Taskforce and in 2010 worked with the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA). Since 2011 he has worked with MIC’s new research and development committee to identify new areas of growth and innovation.

大坪 佳祐 | 大学院生
Keisuke Otsubo | Graduate Student

Keisuke Otsubo 慶應義塾大学政策メディア研究科在学中。本会議主催の慶應義塾大学国際インターネット政策研究会で主任研究員を務める。現在の研究、興味関心分野は、学部卒業研究より引き続く日本の情報セキュリティ政策の新旧戦略比較、アプリのプライバシーポリシーに係る共通ガイドライン策定調査、クラウド時代の法整備とその展望、小中学生と保護者へ向けた情報リテラシー向上のための教育実践。

Keisuke Otsubo is a master’s degree candidate at the Graduate School of Media and Governance, Keio University. He is a Principal Researcher for Keio University’s International Project for the Internet and Society (KICIS). His current research focuses on Japan’s latest Cyber-Security Strategy, the governance of Privacy Policy Guideline for Apps and Online Games, the development of laws for the Cloud Computing Generation and informational literacy education for children and parents.
___________________________________________________________________________

アジェンダ・Agenda

18:30                  歓迎の言葉村井純、慶應義塾大学

       Opening Remarks(Jun Murai, Keio University, Dean, Faculty of Environment and Information Studies)

18:40                  第1部:専門家パネル | Expert Panel on Privacy

モデレータ: 杉原佳尭(Intel Japan)| Moderator: Yoshitaka Sugihara (Intel Japan)

筒井隆司(ソニー株式会社)| Ryuji Tsutsui (Sony Corporation)
渡辺弘美(在日米国商工会議所)| Hiroyoshi Watanabe (ACCJ)
横澤誠(京都大学)| Makoto (Mac) Yokozawa (Kyoto University)
マリ・マシューズ(メットライフアリコ生命保険株式会)| Mari Matthews (MetLife Alico)
佐藤慶浩 (日本ヒューレット・パッカード) |  Yoshihiro Satoh (Hewlett-Packard Japan)
竹井淳 (慶應義塾大学大) |  Jun Takei (Keio University)

19:30:                  第2部:マルチステークホルダーの立場 | Second Multistakeholder Forum

ファシリテーター: 会津泉 (多摩大学) | Facilitator: Izumi Aizu (Tama University)

登壇者: 日本各分野のマルチステークホルダー代表者の皆様 | Participants:  佐々木道代 (女性社員)、 藤井宏一郎 (マスコミ関係者)、 小宮山功一郎 (サイバーセキュリティ専門家)、 水越直子 (弁護士)、 板倉陽一郎 (弁護士)、 折田明子 (大学教員)、 加藤幹之 (起業家)、 藤原洋 (インターネット研究家)、 大坪佳祐 (大学院生)| Michio Sasaki (Female Executive), Koichiro Fujii (Communications Expert), Koichiro Komiyama (Cybersecurity Expert), Naoko Mizukoshi (Lawyer), Yoichiro Itakura (Lawyer), Akiko Orita (Professor) Masanobu Katoh (Entrepreneur), Hiroshi Fujiwara (Internet Researcher), Keisuke Otsubo (Graduate Student)

20:30                    会議終了| Discussion concludes

会議場にて21時までコーヒーブレイクの時間をご用意しております。| Coffee will be available after the conference until 21:00.

___________________________________________________________________________

会議ご登録 | Conference Registration

Registration is now closed. Thank you for your interest.